*

だから最高なんだよ盛岡は

*

最高のデルヘルの夜を・・・。

*

若い子ってイイな

タイトル通りの内容になりますが、大学を卒業したての子と遊んでみたい。裸が見たい。触ってみたい。エッチがしたい。
そんな欲望に耐えきれず、若い女の子のいるデリヘル店に行ってきた。

何でそんな事を思ったのかというと、仕事の都合で盛岡のファッション街に行った時、若い娘で賑わっていたからです。
それを観た瞬間に私の中の何かに火が着いた。こうなったらもう止まりません。
片っ端から盛岡の若い子のいるデリヘル店を調べ上げ、1店鋪1店鋪しらみつぶしに潰していき、辿り着いたのが、Aという店です。
昔から現役JDが働いていると話題だったらしいが、今回はその真意を確かめるべく利用してみることにした。

受付の電話はまずまずな感じ、格安のホテルを教えてくれたので、早々に女の子をそのホテルへ呼ぶことにした。
当時の盛岡は何かのイベントを行っていたらしく、ビジネスホテルは勿論、ラブホまでなかなか予約できなかったことを覚えている。
そんな中、一件だけホテルが空いていたので、そこにすることにした。

女の子が来て、色々話を聞いていると、間違いなく現役の大学生とのこと。そして残念なことに、やはり世代の違いなのか話について行けない・・・。
盛岡という田舎でも会話の内容は都会的な感じで、若い子特有の隠語なんかも飛び交う始末。
粗予想通り、話はそんなに長く続かなかったことを記憶している。
それにしても、こんなに若いのに何でデリヘルで働こうと思ったのかすごく気になるところだ。
よっぽどお金にお待っているのか、はたまたセックスが好きなfだけなのか。
まぁ、それを聞いてしまうと冷めせしまうので聞かなかったが、どちらかに違いない。

実際にプレイしてみてみると、やはり肌艶が素晴らしく、ずっと触っていたくなるほどである。
特に内ももや内肘なんかは格別である。触れただけでボッキしてしまうとはこの事だろう。
人妻なんかと比べてしまうと、かわいそうなぐらい違う。雲泥の差でまるでお話にならない。
大学生の肌は、すべすべしていてとっても柔らかく、まるでおろしたての毛布のようだった。

次に良いと思ったことは、「声」だ。
若いと喘ぎ声も可愛らしくなり、ちょっとした仕草でも可愛らしく思えてくる。
まるで声優のような声質で、心地の良いものだった。この時、人間が興奮する要素は声も関係しているのだと思った。
犬でいうと小型犬のような感じで、「キャンキャン」といった喘ぎ声である。

そして最後に、肝心なあそこの締まり具合だが、指一本入れるのもやっとなぐらい狭く、大変心地が良かった。
これだけあそこが狭い女の子はなかなかいないだろう。

若さゆえにテクニックは今ひとつだったが、それを帳消しにするほどの可愛らしさがあった。
盛岡では始めてJDといい思いをしたが、今後も続けてJDにお世話になりたいと感じた。

 

作成者: keme

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です